夜な夜な遠回り 2

Ezは雨の日は乗りません。

それでもこのところお天気も良かったので、ちょっと遠回りの夜ですが

サイクルコンピュータはつけないけど、GarminNuvi205でルートをトレースしてみました。
(自転車モードもあるんだよ)

最初の3日くらいは足慣らし

8.8Km Avg15.4Km/h

その後4日くらいは

12.9Km Avg15.4Km/h

平均速度は同じでした。

足元が暗いからこのくらいがいいかもしれないね。

履いているタイヤのインプレなどを

Continental UltraRace 700x23c Kevlar

なんだかガムテープを剥がすようなゴム~って感じで

え、わからない?

良く言えば食いつきのある、悪く言えば抵抗のある感じ

きっとコンパウンドが柔らかいのでしょう。

例えていうなら、普通のタイヤを履いている車が、いきなり柔らかいスリックタイヤを履いたような(それも暖まった時に)感じ

Ezの体重のせいかもしれないけど、それに他のタイヤを履いたことがないので...

そんな感じがしたよ。

夜な夜な遠回り

お約束の

20091126haole04.jpg 20091126haole033.jpg

真夜中のサイクリングはとってもいいね~

車は少ないし

車が来ればライトでわかるし

気持ちよくマイペースでゆったりと走れるし

今は寒すぎないでちょうどいいよね

って、ゆっくり走りすぎ?

同じ自転車?

20080617saddle02.jpg

20091126haole01.jpg

((((((≧∇≦))))))ブッハッハ ♪

きんろー感謝の日

20091123thanks.jpg

やっぱり感謝されていたようで、ひと安心でした~(笑)

そして昨日のお休みも楽しく一緒に過ごせたね

20091125sunset.jpg

そてつの実

この前初めて実がついているのに気がつきました。

そてつの実

20091120sotetu01.jpg 20091120sotetu02.jpg

なんとなく淡くて優しい感じの色だよ。

頭に載っている黄色いような葉がかわいいけど、なんとなくおかしいようないでたちでした。

何年か前まで冬には腹巻をしていましたが、ここ何年かは腹巻なしで越冬します。

強くなったんだね~(笑)

そっくりさん

Danjunさんのところで見たリンク



いいな~って見ていたら、

こんなのが目に入ってきました



40%オフだって

クロモリ

いいね~

またKONAですか?

ハワイ・コナつながりなのか

ネーミングまでそれっぽいね

HAOLE

ところで、チビクマ君にそっくりだ

オレンジなところまで

20080617saddle02.jpg

ほらね(笑)

う~ん、CHROMAGよ、さらば

なのか

やっぱり

カラーだよね~

自転車って

20091104cloud.jpg

この前の休みの日、鳥が羽ばたいているような不思議な雲でした。

一緒に勉強してトランプで遊んだり、漫画を読んだり

いい一日でした。

そして、大山あたりがきれいに焼けた夕方でした。

20091104sunset01.jpg

ほろ酔い加減で振れ取り

昨日の休みにはちょっと工作を

じゃ~ん

20091104CGage.jpg

ホイールの振れ取りをするときに使うセンターゲージを作ってみました。

一応700Cにも対応できるように端は切らずにおいてあります

↑↑( ̄□ ̄;)・・

ホイールのリムとハブはスポークでつながっているのですが、スポークの張り具合によって上下左右のバランスをとっています。このバランスが崩れると、ホイールがフラフラした状態になっちゃいます。

そのため、振れ取り台で上下左右のバランスを調整するんだけど、左右の中心にきちんとなっているかを確認するお道具、それがセンターゲージです。

ホイールの片側、直径を結ぶリムとリムにゲージを当てて中心となるハブまでの距離を測ります。

つまり、真ん中のボルトをハブに当てるように動かします。

次にホイールの反対側に当ててみて、きちんと中心のボルトが当たるかどうかを見ることで、左右のバランスが取れているかどうかを判定します。

合っていないときには、ボルトを動かして上と下のナットを動かしてその位置を記憶させ、どのくらいずれているのかを計って調整します。

木材とボルトとナット合わせて450円也!

なんでセンターゲージを自作したかというと...

それはヤフオクで買った振れ取り台にセンターゲージが無かったから(笑)

有りのものを落とせばよかったんだけどね(値段は高くなるんだよ)、慌てん坊のEzらしく、来てから気がついたのでした(爆)

まあ、無いものは作ればいいというわけで、作ってみたわけです。

なかなか良いですよ~!

さて、振れ取り台

これは、マニュアルマスターなまず小僧さんの影響も有ってMarinのチビクマ号を買ったときにウエムラパーツさんで、ほかの工具と一緒に購入したのだけれど、いつの間にやらどこかへ行ってしまわれたらしく、探しても見つかりません(涙)

今まではスポーク・テンションメーターを持っているので、これである程度テンションを同じに合わせると振れがほとんど無くなっていたのです。特に前輪はね。

だから、振れ取り台は用なしだったのでした。

それが、後輪の振れが出てきたので、これは一丁やってみるいい機会だっていうことで、心機一転ポチッとしてみました。

夜になって、ちょっとビールを飲みながらやってみた次第です。

20091104huretori.jpg

まあ、性格がアバウトなところもあるEzなので、ほどほどに調整してみましたよ。

明けて今日、早速乗ってみたら、心なしか漕ぎも軽くなったような

うはは、振れ取りと関係ないじゃ~ん

次はハブのメンテナンス

準備は着々と進んでおりまする(笑)



追記

センターゲージの作り方を(笑)

まずは中心にボルトを通す穴を開けます。ドリルがあると簡単ですよ。

そして、リムの直径に合わせて穴を開ける位置に印を付けます。

ここであせっちゃいけません。

しっかりと現物に当ててみて位置の確認をします。

その後、その位置に穴を開けてボルトを通します。

ボルトの長さは、リアのハブの軸の長さによって決まりますよ。

ちなみにマウンテンバイクは通常135ミリです。ダウンヒルバイクのようなものだと150ミリ。

ということは135割る2で、これだけでおよそ7センチ。さらにずれていることを想定して余分の長さを見積もれば9センチくらい必要になります。それに木材の厚さも勘案して10センチくらいあったほうが良いだろうと考えて、10センチのボルトにしてあります。

書けば長くなるけど、やってみれば簡単だよ。

こんなことなら、振れ取り台も自分で...

((((((≧∇≦))))))ブッハッハ ♪

オスススメ

今朝はうれしいメッセージが

20091101thanks.jpg

そして意気揚々とお店に向かいました ( ^∀^)

そして今月のおすすめといきたいところだったけど

勢いがよすぎたみたいだね~ (^◇^;)

200911osusume.jpg

プラす(+)っていうことで

おすすめのちょっと上を行くおすすめになっちゃっいました~

((((((≧∇≦))))))ブッハッハ ♪
プロフィール

Ez

Author:Ez
自転車に乗って出かけよう

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
天気予報 雨雲 & etc
counter

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード