Fun to Ride on Bicycle

自転車に乗って出かけよう
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Golf
CATEGORY ≫ Golf
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ありがとう

イケイケなゴルファーといえば

その昔はアーノルドパーマーだったのかもしれませんが

自分が見たことのあるゴルファーではこの人でした

セベリアーノ・バレステロス

今日、小さい頃あこがれたプロゴルファーが亡くなりました

若き天才と呼ばれて

スペインではじめてのツアープロとして

右から左から

上から下からと

自由自在にボールを操り

ツアーを席巻しました

そのフィニッシュはどうだといわんばかりの誇りにあふれた堂々としたフィニッシュでした

そして、大きく曲がろうがトラブルになろうが

そこからミラクルなリカバリーで観客を沸かす

本当のプロゴルファーだったと思っています

どうか安らかにお休みください
スポンサーサイト

全英女子オープン

普段あんまりゴルフ中継は見ないEzですが、今日はちょっと疲れてしまって一眠りした後テレビをつけました

映っていたのは上田桃子選手

パットが決まらないみたいで、何度かいやな顔をしていました

チャンピオンになろうと思ったら、そういうことを顔に出さないようにしなくっちゃね

なろうと思ってなれるものではないけれど

チャンピオンにはそれなりの品格や風格があるんだよ

それを抜きにしてまぐれでウィナーになってもあとは知れたこと

タイガーに今欠けているもの

そしてゴルフファンがタイガーに求めているもの

それがチャンピオンの品格だよ

そこを磨かなくっちゃね!

テレビ中継で感じたこと

さくらちゃん、パットやアプローチがちょっと下手になっちゃったみたいだよ

イップスを克服するためのフォロー重視なのかもしれないけれど、なんだかフン詰まった感じだよ

何とか抜け出せるといいけれど

そして、いいスウィングしているなと思ったのは、有村選手

距離の長いタフなコースでは難しいかもしれないけれど、テクニカルなコースではもしかしてって思わせるようないいスウィングをしていました。

それは、トップスウィングがいつも同じで高い位置できれいに決まっていること。

そのうちきっとチャンピオンになれるよ。(パットがもう少し上手になればね)

最後に藍ちゃん

藍ちゃんは自分との戦いみたいだね。

ワールドランキング1位。自分ではまだ追いかけるほうだと思っているのかな。

オチョア選手のように自分に自信を持ってほしいな。

あなたは今まで本当のつらいことを乗り越えてここにいるんだから

結果は自分では選べないけど、ベストを尽くして結果を待つ選手に

そしてFanに愛されて、目標となるようなチャンピオンになってね。

おめでとう

宮里 藍ちゃん、優勝しました!

おめでとう

体格的にはちょっと厳しいけれど、Ezの大好きなペイン・スチュアートのように

ツアーの華となって息長く活躍してね。

ちょっとアンフェア

2009TheOpenはトムワトソンとスチュアートシンクとのプレーオフになりました。

結果は、トムワトソンがスコアを崩してしまい優勝を逃してしまいました。

が、

プレーオフが始まるときのこと、5番ホールのティーインググランドには競技委員、トムワトソンとそのキャディ、スチュアートシンクのキャディはカートに乗って到着し、プレー開始を寒い風の吹く中待っていたのでした。

そして、しばらくして歩いてスチュアートシンクがやってきました。

これはちょっとした心理作戦の要素もあったのかもしれません。

遅いぞ武蔵!っていうみたいにね。

それでも、日本人の自分から見ると(日本人でなくってもそう思うと思うけど)、シンクより年配のトムワトソンを(年配といったら失礼かもしれないけど、シニアツアーのプレイヤーだからね)を寒風の中待たせておいて、相手を敬う気持ちはないのかい?って思ったEzなのでした。

グレートプレーヤのワトソンはこれで体の動きが悪くなったとは一言も言わないけれど、体が冷えちゃったんだろうなと思わせるに足る内容のショットだったよね。

マナーというか相手への思いやりにちょっと欠けていたよね。小走りにやって来たのならわかるけど。

ということで、メージャーチャンピオンとしては、その品格にちょっとかけていると感じました。

っていうか、残念だったよ。ある意味、正々堂々っていう感じじゃなくってさ。

さあ、はじまりました

Ezにとって1年に1度のゴルフの祭典

Masters

石川遼くん頑張って欲しいね~

LiveScoreはこちらから

AIchan

今週の週間GDの表紙

GDAIchan.jpg

左手のグリップのかたちがいい感じだね~

アニカの調子いい時もこんな感じのリラックスした綺麗なグリップだったよ。
握り方もそっくりだ

試合でもこんな感じでグリップできれば、来年は活躍するかもね~

スローモーション2

ゴルフでは障害物等が有ってどうしてもアドレスができない場合、
目標方向に背中を向けて立ち、フェースを目標に向けてクラブを右手だけで持って、
自分の後方に向けて打つ方法があるのを知ってるかな?

そう今回はそのショット(後ろ打ち)のお話しだよ。

それはむか~しむかし栃木県にある烏山城カントリークラブの名物ホール本丸の9番で起りました。

このホールは3段になったフェアウェイを上っていくホールで
左にクリーク(池?)がずっと続いているホールです。

何となく左サイドに気がいっていたんだね、
案の定ティーショットはそのクリークに吸い寄せられるように引っ掛けちゃったよ。

行ってみるとちょうど水際のところにボールが止まっていた。

もちろんゴルフはノータッチが粋だとずっとノータッチで通して来たので、
どうやって打とうかと考えました。


思案の挙句...

後ろ打ちでとりあえず横に出すだけ出して普通に打てるところにもって行こうと思い、
慎重にかつ水にクラブが触れないように構えまたEzなのでした。

クラブを振り上げて振り下ろして打った瞬間

えっ!


泥が自分のほうに向かって飛んで来るじゃ~~ん。



これまたスローモーションで泥が飛んできましたよ。

ボールは確かに出たんだけどね、
シャツからズボンまで泥がはねて汚れてしまいましたとさ。

9番ホールだったからホールアウト後お昼を食べる前に着替えることができたけど、

残りのハーフは帰りに着るつもりだった服でプレーすることになっちゃた。

お風呂に入ったあとも同じ服を着て帰ることになってしまうとはね

(ーTー。)トホホ...な1日でした。

スローモーション

せっかくともりんがやってきてくれたので、むかしのゴルフ思い出をひとつ...

あの日は白いポロシャツを着ていた。
ちょうどスタートする頃には雨が上がっていて上々のスタートだった。

2オンしていたのでグリーンサイドで父ちゃんのアプローチを待っていた。
そう父ちゃんからは20ヤード近く離れていたし、飛球線のはるか左側にいたのだった。

その瞬間は突然やってきた。
しかもスローモーションで起こったのだ!
今でも鮮明に覚えている。

父ちゃんがショットしたと同時に、
黒いものがゆっくりと自分の方に向かってきた。
そう、ゆっくりゆっくり、しかし確実に向かってきた。

あっ、口から声が出たときに、
黒いものは自分の左胸にぶつかって、下に落ちた。

当たったところに視線を向けると、
白いはずのポロシャツが、
そこだけ茶色くなっていた( ̄□ ̄;)・・・

そう、ターフが飛んできたんだ!

何でこんなに離れているのに!
朝一からこれかよ~(>_<)

前にいた自分が悪いのもわかっちゃいるけど...
悔しいのと情けないので言葉もなかった。

ハーフが終わって新しいシャツに着替えるまで、機嫌が悪かったのは言うまでもない(爆)
でもお昼にビールを飲んだらご機嫌モードに復帰した(^-^)
(今からかな~り前のことだったんだよ)

それ以来、当たり前のことだけど、
雨の日には打つ人の前には立たない...。

雨上がりの日には、ターフに気をつけろ
今でも忘れ得ないゴルフの格言になった。

でもなんであの時はスローモーションだったのかな~
今でも不思議な出来事だった。

コユビがイタイ

あなたが噛んだ♪訳じゃないけど、朝妙に小指が痛い。
なんでだろ~と考えると、心当たりはゴルフかな~。

左手の小指薬指中指でしっかり握る、グリップの基本でした...

今までこんな風に指の先、爪との境あたりが痛いことが気になったこと無かったんだけどね。

っていうことで、なんだかんだいっても
ちゃんと基本が出来ているんじゃ~ん。

((((((≧∇≦))))))ブッハッハ ♪

ひさしぶりに

いや~だいぶゴルフはおさぼりしちゃったEzです。
ということで練習場に行ってきました。
070905_2132~0002.jpg 070905_2132~0001.jpg


久しぶりにしてはまあまあでしたよ。
ふつうに打てました(笑)

ということでちょっとクラブ紹介を

070905_2133~0001.jpg 070905_2146~0001.jpg


Ezのドラちゃんにはちょびっといたずら書きが。
クジラとウォーターメロンマンです。
クジラはボールの目印に、そしてウォーターメロンマンはパットが入らなかったりした時でもこのスマイルを見てティーショットに臨みます(笑)

そしてパターにはお気に入りのカバー
070905_2310~0001.jpg


そしておちゃめに”O"の文字にSmileMarkがはいっています。
070905_2311~0001.jpg 070905_2312~0001.jpg


そして夏の必需品、ペットボトルカバーは
070905_2315~0001.jpg 070905_2314~0001.jpg

カエルくんで決まりです。

打った後はいつも来ているお友達(年配の方ですけどね...)と少しお話をしてから帰ってきましたよ。

ちょっと涼しくなってきたから、少しずつ再開しようかな、背中の調子もまあまあのようだしね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。